ボートレースのイン逃げ率とは?簡潔な解説や【トップとワースト20選手】を紹介!

スポンサーリンク
ボートレース攻略

ボートレースでは、1コースの選手が逃げるかどうか?という予想はとても大事ですよね!しかし、信頼して買った選手が、スタートも遅れていないのに「なぜ差された?」「なぜ捲られた?」と納得できない外れ方をした経験はありませんか?それは、選手の特徴が大きく影響しています。イン逃げ率を参考にすると、選手の特性をある程度予測することができ、今まで想像できなかった「インが負けるかも?」という予想が出来る様になります。どういったポイントを見た方がいいのか?解説していきますので、最後までご覧ください!

この記事は次のような人にオススメです。

  • イン逃げ率をよく知らない人
  • ボートレース初心者
  • イン逃げ率の良い選手を知りたい人
  • イン逃げ率の悪い選手を知りたい人
  • 的中率を上げたい人

A級とかB級で上手かどうか分かるんじゃないの?

A級でもインが苦手な選手がいたり、B級でも得意な選手がいたりするのよ。

スポンサーリンク

ボートレースでのイン逃げ率とは?

1コースに進入した選手が1着になる確率のことを言います。ですので

イン逃げ率が高い選手=1コースが得意な選手
イン逃げ率が低い選手=1コースが苦手な選手

ということになり、「イン逃げ率が高いから信頼して」「イン逃げ率が低いから穴目を狙って」などA級やB級など大まかな成績ではなく、1コースにポイントを絞った、イン逃げ率を参考にすることで、より的確な予想を行うことができます。

イン逃げ率を参考にするメリット

1コースの選手が、どの程度得意としているか?を知ることができます。級や勝率を参考にするより、1コースの時の成績に絞っているので、精度が高くある程度信憑性があるといえます。

イン逃げ率を参考にするデメリット

1コースに入った時の成績なので、状況を知ることはできません。例えば、どの競艇場で?モーターは良かった?前付けしたレースは?などです。

1つ1つ調べることも可能ですが、そうすると手間が掛かる上に、サンプル数が減ってしまうので、逆に信憑性に疑問が出てきます。

つまりイン逃げ率は、過去のデータの事なので、「レースの状況は加味されていないので、今予想しようとしているレースとは誤差があります」あくまで平均の数値として、目安とするには良いのですが、信じすぎることは良くないです。

信憑性は高いけど、落とし穴もあるってことだね!

ボートレースでイン逃げ率以外にはどのようなデータがある?

グラフの写真

イン逃げが決まらなかった時の相対するデータとして、差され率や捲られ率というデータも存在します。その名の通り、1コースに進入し負けてしまった時に「差されて負けたのか?」「捲られて負けたのか?」というデータです。

差され率や捲られ率は1コースの選手の1マークのターンのタイプを知る大きな基準になります。

すべてに当てはまる訳ではないのですが、

例えば

差され率が高い選手は【ターンが膨れやすい選手】

  • 負ける時は差しに構える選手を狙う
  • 1着に来る時も差してくる選手を2着に狙う

捲られ率が高い選手【スピードを落として小回りする選手】

  • 負ける時は捲ってくる選手を中心に狙う
  • 1着に来るときも捲ってくる選手を2着に狙う

など1コースの選手のターンの質を知ることで、2着3着に来やすい選手を予想することができます。

これが出来れば的中率が大きく上がりそうね!

イン逃げ率の高い現役ボートレーサーベスト20

もっとも斡旋が多く注目されるA1級選手限定でランキングを行いました

集計期間(2021年上半期1月~6月まで)

1コース1着率が高く信頼できる選手

ベストランキング選手名イン逃げ率
1位宮地元輝95.2%
2位池田浩二95.0%
3位前本泰和92.1%
4位松尾充91.6%
5位白石健91.1%
6位秦英悟89.4%
7位渡邉和将88.8%
8位中辻崇人88.5%
9位松尾拓88.0%
10位岩瀬裕亮87.8%
11位藤原啓史郎87.5%
11位柳生泰二87.5%
11位坂本浩仁87.5%
14位平高奈菜87.2%
15位篠崎仁志86.6%
16位上野真之介86.4%
17位濱崎直矢86.2%
18位海野康志郎86.1%
19位古結宏85.7%
19位福島勇樹85.7%

1位は宮地元輝選手で驚異の95.2%でした! 圧巻です。意外だと感じる人もいるかも知れませんが、元々1着率が高く頭で買うには信頼できる選手の一人です。

2位は池田浩二選手。95%という数字でも、池田選手にとったら当然!ともいえるほどの実力派レーサー、多くのファンの期待を裏切らない走りをしています。

3位は前本泰和選手。エンジン調整が上手いと評判のレーサーでした。今後はエンジン出しが上手でイン戦が強い選手という認識に改めます。

松尾選手は兄弟でイン戦が得意なんだと感心させられたり、筆者にとったら意外な人が入っていたりと、改めてデータを見ることが大事だと思いました。

イン逃げ率の低い現役ボートレーサーワースト20

A1級だからといって、信頼しすぎると危険かも!

1コース1着率が低いA1級選手

ワーストランキング選手名イン逃げ率
1位鈴木幸夫25.9%
2位深川麻奈美28.5%
3位安田政彦37.9%
4位土屋千明38.4%
5位渡邉英児40.0%
6位今村暢孝40.7%
7位西島義則40.8%
8位三角哲男45.0%
8位山谷央45.0%
10位村上純45.4%
11位野添貴裕46.1%
12位細川裕子46.8%
13位今泉友吾48.1%
14位間嶋仁志48.5%
14位松村康太48.5%
16位関浩哉50.0%
16位中田竜太50.0%
16位廣中智紗衣50.0%
16位橋本久和50.0%
16位川野芽唯50.0%

基本的には前付けする選手や、女子選手・ルーキー選手が多い印象です。ここの選手がイン戦の時は穴を狙ってみるのもいいかもしれません!

イン逃げ率を有効活用して予想精度を上げよう!

ボートレーサーには、それぞれ得意とする戦法があります。その中でも、予想の中心となるイン戦が得意な選手や不得意な選手に、フォーカスを当てることで予想の精度を上げる事が可能です。

ランキングに出てきた選手が「意外だった」という事はないでしょうか?イメージだけで予想していると、見落としている物があるかも知れません。しっかりデータも活用してボートレース予想も楽しんでいきましょう!

よかったら他の記事も見てください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました