【要注意】ボートレース荒れるレースの傾向とは?抑えておきたい6つのポイントを解説!

スポンサーリンク
人差し指を立てた画像ボートレース攻略

ボートレースの予想をする上で大事なポイントは「レースが荒れそうか?堅そうか?」という事だと思います。「そんなことが分かれば苦労しないよ!」と思う人もいるかも知れません。しかし、ボートレース歴が長い人に聞けば「だいたい想像できる」という回答が多く返ってきます。そこで、先人達はどのような視点で判断しているのか解説していきます!

この記事は次のような人にオススメです。

    • ボートレース初心者
    • レースを絞って賭けたい人
    • 明確な穴党
    • 明確な本命党
    • 予想方法を確認したい人

狙ったレースだけに賭けることが勝率アップのポイントだね。

狙ったレースが的確かどうかも勝負の行方を左右するわ!

1. 1コース選手の強さ・モーター・スタートに注目
2. 水面が荒れるとレースも荒れる
3. スタートが不安定だと荒れる
4. 前付けする選手が居ると荒れる
5. 荒れやすい競艇場がある
6. 2・4コースの選手が捲ると荒れる
ということについて詳しく解説していきます!
スポンサーリンク

荒れるレースとは?

赤鉛筆で書いたチェックの文字画像

多数の人が、予想したレース展開と違う結果になった場合のことを言います。どのくらいの配当から?という疑問は人の感覚によって違うのでなんともいえません。

ボートレースには万舟券という言葉があります。これは配当が100倍以上のレース結果の事をいい、100円買っていれば1万円になる舟券のことを指して万舟券と呼ぶようになりました。この万舟券は荒れたといって間違いないでしょう。

荒れるレースって少ないのでは?

そんなことはなく意外と多くあります。万舟券は1日で出ない競艇場の方が少ないくらいで、日によっては半分以上万舟券というレース場もあります。

6艇で走るボートレースは当てやすいイメージなので、3桁配当や2,000円3,000円台の配当が出やすいと思われがちですが、競艇場の平均配当は6,000円台~7,000円台後半にあることからも、そんなに頻繁に人気決着をしていないことが分かります。

荒れるレースを予想するメリットは?

的中確率や回収率を上げるために非常に重要なことです。せっかく買う舟券なので、100円も無駄にしたくないですよね!荒れるレースを予想することで、本命党は荒れるレースは買わないか控えめに、穴党は荒れるレースに絞って舟券を購入するなど、無駄にお金を使わないで済むメリットがあります。

どんどん荒れるレースの予想精度を高めることができれば、無駄なお金を使わずに的中率や回収率を上げていく事が可能です。

なるほど、どのレースを買うのかという選択に役立ちそうだね!

1号艇に注目する

ポイントを示す女性の画像

競艇は1コースに進入した選手の1着率が50%を超える競技です。1号艇に組まれた選手が1コースに入る確率が非常に高いので、まずは1コースの選手がどうか?ということがレースの大きなポイントになります。

まずは次のような事をみて1号艇の信頼度を図りましょう。

  • 1コースに入った時のイン逃げ率は?
  • スタートは見えているか?
  • モーターの感触は?

大きく分けると3点に注目してみると良いと思います。ただし、すべて悪いと1着に来ない確率は高いですが、その分配当も低くなるので、イン逃げ率は高いけど「平均スタートが最近遅いや今節揃っていない」その上で「モーターの評価も低くコメントも良くない」などといったレースが荒れる確率が高いと言えます。

水面が荒れている時は?

ピットアウトの画像

ボートレースは、風速が5m以上の時に荒れる傾向があります。筆者も風が舟券に与える影響を丸亀競艇場で調べてみましたが、やはり風速5m以上の時が荒れる傾向にありました。

風速以外にも、江戸川や鳴門で有名な潮の流れ、平和島や丸亀で言われている干潮や満潮の差など水面の状態がレースに与える影響も多いので注意しておきたいポイントです。

スタートが不安定だと荒れる?

OKかNGかという画像

スタートをした時に「終わった…」とボートレースを購入する人は思った事があると思います。いわゆる自分が買っている選手がスタートでドカ遅れした時のあれです。

これは1コースの選手だけに限らず、2コース3コースの選手にも注目してください。例え1コースの選手がスタート遅れをしなくても、2コースの選手が遅れれば3コースの選手が絶好の攻め展開に、3コースの選手が遅れれば4コースの選手が絶好の攻め展開となり、1コースの選手が敗れることが多々あります。

そのため、1・2・3コースの選手の平均スタートや、その節のスタート順などは把握しておいた方が良いです。しかし、選手も人間なので「スタートは水物」と言われているように予想は中々困難になります。

前付けするボートレーサーに注目!

メガネをかけた犬の画像

ボートレーサーにはいわゆる「イン屋」と言われる選手が複数人いて、その選手が出場するレースは荒れやすいと言われています。

理由は1コースを奪われたり、1コースを奪われないように、早く1コースに進入しなければならない為、深い進入となり助走が取れず、スタートした後に伸びずに他の艇にまくられてしまうことがあるからです。

2021年現在でイン屋と呼ばれている代表選手

  • 西島義則選手
  • 深川真二選手
  • 石川真二選手
  • 今村暢孝選手
  • 西田靖選手
  • 鈴木幸夫選手
  • 江口晃生選手

基本的に挙げた選手は1コース2コースを積極的に狙っていくゴリゴリのイン屋です。その他にも、そこまではいかないけど、3コース4コース辺りまでは動いていくよ!って選手も複数人いますので、スタート展示では注目してみてください!

前付け選手が2コースに進入する時は3・4コースの選手が狙い目だよ!

競艇場の特性

綺麗な浜辺の画像

競艇場によっても、荒れるか荒れないかを判断する重要な要素になります。

基本的には、戸田競艇場や平和島競艇場などイン勝率が低い競艇場で荒れるレースが多く、逆に大村競艇場や徳山競艇場などイン勝率が高い競艇場は荒れにくい競艇場といえます。

ただし、普段荒れにくい競艇場が荒れた時は物凄く高いオッズが出ることもあります。歴代最高配当は、2011年5月に徳山競艇場で記録された682,760円という金額です。

2021年6月17日時点の直近レースで1競艇場300レースを対象に万舟券確率を算出しました。

1位 戸田競艇場  21.3%  300レース中64レース
2位 平和島競艇場 20.7%  300レース中62レース
3位 徳山競艇場  13.0%  300レース中39レース
4位 大村競艇場  12.7%  300レース中38レース

僕は穴党だから、戸田や平和島で購入した方がいいんだね!

2コース4コースの戦法で展開がガラッと変わる

驚いた女性の画像

違うという意見もあると思いますが、スタート体型が横並びの時に、基本的なボートレーサーのコース別の戦法は

  • 1コース→逃げ
  • 2コース→差し
  • 3コース→捲り
  • 4コース→差し
  • 5コース→捲り差し
  • 6コース→差し

だと思います。2コース4コースの選手がまくりに行くことで、1コースの選手が抵抗して、内側が空いたり、2・3・4コースの選手がゴチャついて同じく内側が空いて、5・6コースの選手が舟券に絡むといったレースを多く見てきました。

ですので、2・4コースに捲り屋と呼ばれる選手がいた場合には、荒れるかもしれないと注意しておいた方がいいです。

荒れる?荒れない?予想はボートレースでは必須!

まずはレースの予想をする前に、どのレースを予想するか?というレース選択が重要です。本命狙いの人は荒れそうなレースを回避し、穴狙いの人は荒れるレースを手広くといった感じで自分に合ったレース選択をすることが大切です。

荒れる?荒れない?の精度を高めて無駄な投資金額を抑えましょう!

よかったら他の記事も読んでくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました